ち○ちんパンチ

昭和の家2

先日お引き渡しになりました。

 

お引き渡しの日はお子さん三人もいたのですが、新居に大はしゃぎでかくれんぼを始めました。

やっぱり新しい家は嬉しいよなーと、しみじみ眺めていたら、、

 

 

「ノーーー!そこは隠れちゃだめー!引き渡し初日にキッチン壊れるからー」

なんとか一命を取り留めましたが、その代償にち◯ちんパンチされました。

その後は危険を感じて工務店の土橋社長を置き去りにして難を逃れました。

やっとるやっとる。

 

引き続き外構工事に入らせて頂いております。

 

 

富士吉田の美容室

お施主さんのお父さんも理容師さんで、そのお店の横に娘さんの美容室を建てる計画です。

親子二代でなんとも素敵なお話ですよね。

今回のご縁は「都留の美容室」のオーナーさんからご紹介頂きました。

ありがとうございます。

 

昨年初めて見に行った時の写真です。

敷地の形状を考えて、東西に細長く店舗を計画しています。

 

先月の地鎮祭の様子。

かりそめーの

うがちーの

 

そして昨日は基礎の配筋検査に行ってきました。

数センチの修正がありましたので、直してもらいコンクリートの打設を行います。

5/10日に上棟を予定しております。

 

今年は、富士吉田、都留、河口湖の物件がたまたま同時にあります。

今まで河口湖方面は少し遠くに感じて、二の足を踏んでいましたが、高速を使えば1時間で行けるので慣れてしまえば苦になりませんね。

近い現場も遠い現場もありますが、一つ一つ手を抜かず、真剣に向き合っています。

少しでも良くなるようにギリギリまで考え、現場に無理をお願いする事もありますが、この気持ちが無くなったら建築士として成長は止まってしまいます。

お施主さんのためでもあり、自分のためでもあるのです。

ではでは。