秋の現場進捗週間1

藤井の家

順調に進んでまいりました。

壁の配筋の様子。

壁の配筋が終わると型枠を組んでいきます。

ほとんどがコンクリート打放し仕上げなので、型枠の割付けを何度も打ち合わせしていざ施工。

型枠の割付けとは、綺麗に見えるように型枠をどのように並べて、丸い穴(セパ穴)を一定の間隔で配置できるかを考えるゲームです。

もはやゲームと思って楽しむのですよ。

 

こちらがそのゲーム終了後の姿。

 

下の写真が一階の床レベルになります。

影の顔小さすぎん?

次回はコンクリート打設!

 

 

里吉の家

着工しました!

コンパクトな駐車場付きの平家です。

先ずは敷地の境界壁をつくります。

ぐるぐるっと。

大雨を考慮して境界壁を少し高めに計画しています。

分譲地の場合は、水道の引き込み、境界壁は大抵土地の金額に含まれていますが、造成なしでの農地や個人売買をお考えの方はそういった費用が別途かかりますので注意が必要です。

境界壁が終わり基礎に入りました。

基礎完成でございます。

この日は晴天でしたが、今まさに台風14号とやらが来ているそうですね。。

台風来ると無性に外に行きたくなるんですが、誰か病名を付けてください。

みんなもいっぱい食べていっぱい寝て、台風に備えよう!!

 

 

ではでは。