秋の現場進捗週間3

藤井の家

コンクリート打設

ジャンカが出来ないように、バイブレーションを念入りにかけて頂いてます。

 

 

打設が終わると、コンクリートの強度が出るまで養生期間を設けます。

コンクリートは大胆で、力強い素材ですが、とても繊細です。

女優のスキンケア並みに気を使います。。

 

陽に当たって、急激に乾燥するとクラックが入るので気温が上がる日は放水!(化粧水)

 

型枠を外すと、綺麗にコンクリートが打てていました。

やり直しがきかないので、いい感じで、ひと安心です。(マジで)

 

土で埋まってしまう所は、水が染みないように防水処理(黒い部分)を施し、

さらにその上から、防水が傷つかないように断熱材を貼って、防水を守ります。

女優が紫外線から肌を守るが如く、とにかく守ります。

 

そして、昨日上棟いたしました。

写真撮ろうとすると、大工さんがピースしてくるの本当好き。

最高です。楽しみすぎる。

 

先日、久しぶりに建築士の先輩と飲み行って、

建築士の仕事でどういう時が楽しいかって話になったんですが、現場で職人さんと話してる時が超絶楽しいって二人でなりまして。

これは良い職人さんと仕事してきてないと出ないセリフだなぁと。

 

もちろん図面書いてる時も、打ち合わせの時も、お引き渡しの時もいつも楽しいですが、

仕事は、誰と一緒にするかが、一番大事なような気がします。

「職場に嫌いなハゲ上司が居たら今すぐに辞めましょう」というお話し。

このお話の出演は、トーマス、パーシー、トップハム・ハット卿、小川

でした。

 

 

ではでは。