笛吹市の現場

中川の家

先月地鎮祭を終え、着工しました!

やっぱいい土地だな。

高くていい土地はあるけど、安くていい土地は中々無いですよね。

安くても建築にお金がかかったり、擁壁にお金がかかったりと何かと判断が難しい。。

土地を探すときは、その地域の不動産屋さんに行くと、他にない物件があったりするのでオススメです。

地場の地主さんとの繋がりもありますし、山梨は田舎ですので何かと近くの知り合いに頼みますからね 笑

 

 

基礎は今月には大体終わる予定です。

今回は地盤改良無しでいけましたが改良ともなるとお施主さんは結構な出費なので、

あの地盤報告書を見る瞬間のドキドキったら無いですよ。

 

この日はご夫婦とインドカレー屋さん行ってナンを爆食いしてから現場へ。

いつも楽しく打ち合わせさせて頂いて感謝です。ナマステ。

 

一宮の家

ついに外壁張りますよー!

じゃぶじゃぶと塗料(ウッドロングエコ)の風呂に入れた杉板材を。

杉板は心材と呼ばれる耐久性の高い赤身のみを使っています。

 

張っていきます。

あっという間に(本当は全然あっという間では無い)この姿。

いい感じになりました!中々渋いですね〜

いつの時代も調達可能な材料、それは木。

メンテナンスは必要かもしれませんが、廃盤になってしまうサイディングよりは全然良いと思ってます。

こういう自然が豊富な地域なので年月が経つにつれて建物も馴染んでいくと思います。

 

板と板が隙間が開かないようにもう一発、板の間に木を張れば完成です。

大工さん、面倒くさい仕事をいつもありがとう。ナマステ。