平屋の住宅

あけましておめでとうございます!

今年もどうぞよろしくお願いします。

 

里吉の家

外周部にダイライトを張ったところです。

ダイライトは耐震壁としての役割がありますが、その他に、無機質材料なので火災やシロアリにも強いのです。

さらに、透湿性もあるので壁内の結露を抑える役目もあります。

 

内部はアクアフォームを吹付けています。

窓が少ないように見えますが、窓は大きく取る所と、最低限に抑える所とメリハリを。

 

最初に敷地を見に行ったとき、東側に広がっている葡萄畑とその先の景色がとても素敵でした。

そこで南東にビューポイントを置き、大きな木製サッシをご提案いたしました。

 

木製サッシはアイランドプロファイルの製品です。

外観は白いシンプルな壁に、寄棟の深い軒。

屋根の先をシャープにしてキリとした印象にしています。

 

残す工事は外構のみで、今月お引き渡し予定です。

 

 

牛句の家

足場が取れて白いモダンな建物がお目見えしました。

玄関ドアがまだ工事用のドアですが、、

 

キッチンはグラフテクト。

洗面は、ボウルとカウンターがシームレスになっている、AICAのスタイリッシュカウンター。

洗面の先には、ファミリークローゼット→寝室と繋がっています。

クローゼット収納はIKEAのPAX。

平屋ならではの、回遊導線とプライバシーを考えた開放的なLDKを実現出来ました。

こちらは去年にお引き渡しさせて頂いております。

 

 

 

最近はInstagram等でたくさんの家づくりの情報が溢れています。色んな情報がありすぎるが故に、迷子になってしまうお施主さんの少なくはありません。

Instagramを見ているとフォロワーを稼ぐ事を一番に考えている人や、偏った情報、食いつきが良い情報のみを流しているような方々も散見しますので、冷静になって考える必要があります。

SNSで得られる情報は莫大ですが、必ず一度情報を精査して、自分達にベストな選択か、自分達の頭で考え、家族で話し合う事が大豆です。

そうやって造られた家は、いつまで経っても愛着のある住宅になるのでは無いかと思います。

打ち間違えたけどそのままにしておきます、大豆。

 

ではでは